HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ライブレポ

ピンクバロンのこうでNIGHT其の十八 

自身にとって久しぶりのこうでNIGHTです。いつ以来だろう?
今回の出演者様
① 迷宮乙女
② 激烈スランプ
③ メリーゴーランド
④ 殺人コック
⑤ MONOTONE
⑥ ピンク・バロン

① 迷宮乙女
サンタコスで登場の元気な女の子バンド。どうやらライブの度に衣装を変えている御様子。
ベースの子だけ緑サンタで「コレじゃゼルダの伝説ですね」と言っていたのが個人的にヒット。
うん、たしかに緑サンタはリンクだわ(笑)
リーダーの子が他のメンバーに比べてかなり大人しく見えました。
控えめのリーダー…最近流行ってるのか?(某JニーズのTキオとかAラシのような・笑)
クリスマスが近いという事もあってか、お客さんにプレゼントあり。
イベントのツカミとしては良かったのでは?

② 激烈スランプ
爆風スランプのコピーバンド。兎に角、格好良かったー!!
玉ねぎが聴けなかったのは残念でしたが、是非いつかリベンジして頂きたいです。
「びっくりミルク」と「無理だ!決定版」の入ったCDが欲しくなったよ(笑)
もう一度観たいと思えるライブでした。
そうそう。出番前に、らいだーさんが菅王さんとよしてぃさんに「あのギターの子は演奏もすごいが、面白い事も言うらしい。皆さんお楽しみに!」と、思いっきりハードルを上げられていたのが面白かったです。

③ メリーゴーランド
まるで演劇を観ているかの様な、パフォーマンスが凄いバンドでした。
ギタリストさん、好き放題暴れすぎです。(ほめ言葉)
しっかし、濃いぃキャラだったな…ミトメさんが「洋ちゃんに見えてきた」って言ってからは洋ちゃんにしか見えなくなったけど(笑)

④ 殺人コック
約1年ぶりの調理です。(たしか、昨年11月の名古屋以来?)
畳み掛けるような怒涛の演奏と総料理長の愉快なMCで、笑いっぱなしで腹筋崩壊です。
演奏中におもむろに客席に降り、お客さんの飲み残しのドリンクを片っ端から平らげていったのを観て爆笑してしまいました。
新メニューもあったし、大満足の調理でした。ご馳走様!
あとは…関東地方での調理が実現すれば嬉しいかな、と。是非御一考をお願いします!



⑥ ピンク・バロン
お久しぶりのピンクバロン。
曲中に突然歌うのを止めてらいだーさんに丸投げする菅王さん、それを「さぼるなー!」とやんわりとツッコむらいだーさん。
客席に突然現れた「立派な眉毛の男」(正体は遼はさん)に戸惑う菅王さん。
菅王さんの「今日お集まりいただいた皆さんにぴったりの、この曲をお送りします。『黒い電波が悪いのよ』」というMCに爆笑wwええ、ド変態なのは自覚がありますとも(笑)
そして、強制アンコールで披露される放送コードギリギリ…アウトな楽曲。
今回も終始笑いっぱなしの楽しいステージでした。話題に上がってた東名阪ツアーを是非とも実現してください!

といった感じで、まるで「雪印ホモ牛乳のような(by菅王さん)」濃厚なライブでございました。
あー楽しかった!…ここから先は言いたい事を言わせて下さい。
批判記事なので、読みたい方だけ読んでください。






――――――――――――――――――
5番目に出演したバンドについて。
正直に言って、酷い物を見た。
暴走するドラム、それを明らかに嫌悪の目で見るベース、それを窘める様な目で見るギター、パフォーマンスに夢中でメンバーにまったく気を使わないボーカル…
息があわないのでなく、意図的にあわせないようにしてるんじゃないかと思えました。
酒を呑んでいた?酔った状態でもきっちりと演奏する人は世の中に山ほど居るよ。
これが、結成間もない若者のバンドならまだ理解もできたんだろうけど…
もう何十年もキャリアがあるというのだから救いようが無いというか。

曲については…何コレ?騒音公害?
楽曲については論ずるに値しない。印象に残った曲?そんなものあるわけが無い。
悪い印象を持った騒音なら嫌って程聞きましたが。どれもこれも同じ様な、印象の薄い騒音だらけでしたがね。
公式サイトによると、ボーカルの方の好きな音楽は「騒音以外」だそうで。
一度自分達の音楽を見直したほうが良いのでは?
どうやらこの方は、歌う事よりパフォーマンスの方が得意なようで。
怪我だか何だか知らないけど、握力が殆ど無い状態ならマイクスタンドでも使えば良かったんじゃ?最前列の女の子にガムテで手とマイクを固定してもらって得意げに掲げたって、格好良くもなんとも無い。
自分に対してちやほやしてくれる最前列の女の子達だけでなく、その先に居るお客さんや、メンバーの事も気にかけてやって下さい。
もっとも、「俺達の曲でノらないやつは客じゃない!」って態度じゃ、それも難しいでしょうけど。

演奏後のサブステージの態度も最悪でした。
「今日の客は大人しい」・「手が動かない状態で無理して出た」とか…
そんなことしらんがな。ステージに立った以上、責任逃れをする事は許されないでしょ。無料ライブなら兎も角、今回はお客さんからお金取ってるんだから。
怪我を理由に言い訳に終始するなら、万全の状態になるまで活動しなきゃ良いじゃない?
我侭を押し通して、客に責任を擦り付けるとか…いい大人のする事じゃないと思いますよ?
口を開けば言い訳と自分語りばかり…こんなにつまらないサブステージトークも無かったわ。いい歳こいて時間も空気も読めんのか!
…あのね。キャリアがあるなら、「大して興味を持っていない客を惹きつけてナンボ」じゃない?キャリアって、そういう所に出てくるものだと思うのですが。客を惹き付けられる魅力を感じられなかった時点でアンタの負けだよ。

それに、人様が主催のイベントでよくもあんな尊大な態度がとれるものだ。威張りたいのなら自分でイベントを主催して、そこでやってくれ。
狭いコミュニティのヒエラルキーの頂点で、踏ん反り返っていれば良いじゃない。そのかわり、二度と他の場所に出てこないで欲しいけど。こんなに見てて不愉快なものは久し振りだよ。

正直に言って、お目当てのライブのラインナップにこのバンドの名があったら、見に行くのを躊躇うレベルでした。また今回みたいなものを見せられたんじゃたまらない。なんで出番がトリ前だったのか、今でも信じられない。
自分がそう思ってしまっただけに、今回このバンドを見たお客さんが「こうでNIGHT」自体を嫌ってしまわないか、それだけが心配です。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tsblueocean.blog56.fc2.com/tb.php/555-b9b240d4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。