HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

人にものを頼む時は

手書きの注文書のお話。

お得意先様から部品の注文書が届いて、それを社内の部品を取り扱っている部門に指示書を出すですが…
お得意先から届いた手書きの注文書の文字が判別しづらい事山の如しでした。
「2」なのか、「5」なのか?「C」なのか、「0」なのか?
何とか解読して指示書を書いたのですが、正直困ってしまいました。

日常業務のほぼ大多数をパソコンで処理するのが当たり前になってきていますが、
そんな中で、たまに手書きの書類を作成しなければいけない時があります。
ちょっと前までは「手書き」が当たり前でしたが、今は何でもパソコンで処理できるようになりました。
確かに、便利で簡単。でも、それに頼りきりになってしまうと困ってしまう事があるのもまた事実。
「字を書く」と言う行為が業務の中で廃れつつあるのかも知れませんが、伝達メモを書いたり、今回のように注文書を書くのは大体が手書きになると思います。
その時に「読み辛いなぁ…」と思われない様な文字を書くように心掛けたいものです。

仕事にしても他の事にしても、大事な事は「相手の立場に立って考える事」
その事を忘れないように、自分でも肝に銘じていかないといけませんね。
必要以上に人の目を気にしすぎると何も出来なくなってしまうので、程良く気にして、
時には「他人から見たらどう思われているだろう?」と考えるのも良いかもしれません。
自分で「困ったなぁ」と思った事を、他の人にしない様に気をつけていきたいです。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tsblueocean.blog56.fc2.com/tb.php/310-72b238ba

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。