ライブレポ

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2010/12/08 今池HUCK FINN ライブ
  3. 2010/12/05 ピンクバロンのこうでNIGHT其の十八 
  4. 2010/03/14 BUDOKAN OR DIE!!!!レポ
  5. 2009/08/02 8/1 ライブレポォト
  6. 2009/07/19 最高のオトナ達。
  7. 2009/05/04 心斎橋サンホール・ライブ
  8. 2009/04/29 ライブ開始!(4/29 シガニズム・ピノキヲ・新沼GENJI・無恥鞭アナゴ)
  9. 2009/02/25 狂暴、復活
  10. 2009/02/11 初めての白塗り
  11. 2008/06/01 音に包まれ幸せ気分~5/31ライブレポォト~
PREV→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今池HUCK FINN ライブ

ライブ開始まで暫く時間があったので、近所のダイエーでお買い物。
ミトメさんはお土産用に味噌を、俺は口内炎パッチを購入。
そうこうしている内にお時間到来、入場。

1・「ピノキヲ」
ちょっと申し訳なさそうにうゆにさん登場。そのわけは…
「ライブ用オケ、忘れてきました」との事。
これは…戦場に真っ裸で赴いているのも同然ではないですかッ!(大爆笑)
世にも珍しいピノキヲのアンプラグドバージョンと相成りました。
とは言うものの、殆どトークショーの様な感じになっていましたが(笑)
「本当はアンプラグドって、平井堅さんみたいな上手い人がやるんだけどねー、サーセンw」と、うゆにさん。
いや、貴重なものが見られて良かったと思いますよ?(フォロー終了)
今度は完全版にお目にかかりたいですが…(笑)

2・曖昧中毒~中身は駄菓子菓子
ちゃんと見るのは初かもしれない。普通に格好良かったです。
相変わらず、MCはメンバー全員がいっぺんに喋っていましたが。
何言ってるのか良く判らないよ!(笑)

3・まさぎんの作文朗読会
うゆにさん・けまりさん・本さん・最鋭輝さん・吉川昌利・銀樣による作文発表会。
今回のお題は、「もし、40万円拾ったらどうする?」という、妙にリアルなものでした。
以下、ざっくりとした(うろ覚えな)内容。
うゆにさん:普通の庶民だったら、「うわっw40万だって、どうしよう?まずアレを買って、コレを買って…うはっ、まだ残ってる、どうしようw」なんて大慌てでしょうけど、僕は資産家の息子なので、40万なんてはした金じゃ驚きません。

最鋭輝さん:全額貯金をします。と言いたい所ですが、それではあまりにも夢がなさ過ぎます。夢といえば…
そうだ、千葉に夢の国があると聞いた事があります。という事で、39万円は貯金、残りの1万円で夢の国に出かけます。夢の国といえば、イッツアスモールワールド。僕はコレで世界一周します。

本さん:1億円でも、100万円でもない。40万円というリアルな金額は、ちょっと引くよね。

けまりさん:40万円拾ったら…びっくりする。でも、警察に届けて、持主が現れたら4万円だ。

吉川昌利:ツアーパンフレットを拾ってきて、豪華客船のクルーズに行く。…でも、1回9800円なので、何回もいける。

銀様:あの腹の立つアイツの家に犬のフ○でも放り込んでやろうか。罰金4万なら10回は出来るぞ!

大体こんな感じだったような気がします。うろ覚えなので間違っているかも。
優勝は…本さん、見事3連覇!優勝商品のナンバーズ10回分(番号は3920・さくぶんの語呂合わせ)を獲得していました。
キング曰く、「導入が肝心。題名や名前で入るのは素人」との事。悪例にばっちり当て嵌まっているのが数人居ましたが…(笑)

4・最鋭輝&MMO
ラジオやサウンドウェザーでお目にかかったことは歩けど、モッキーのライブ初体験。
うわぁ、格好良い!って言うか、麗しい!
噂通りの麗しさでした。また観に来たいですね。
見よう見まねの振り付けが合っていたかどうかは置いといて。(笑)

5・大日本意識革命軍狂暴
半年振りの戦闘。銀様以外は数日前にお目にかかったのは内緒ですぜ(笑)
「國民ノ理想」と「譽」はいつ聴いても燃えますな。
新曲が2曲あり。「軍艦行進曲(狂暴版)」と「人間蒸気機関車(人間機関車かも?」でした。
軍艦行進曲はフリが完成すればかなり盛り上がるかも知れない。単純に腕を振っているだけでも楽しいですが。
人間蒸気機関車は、曲前に「最後にポッポーを入れるかどうか迷っとる」との発言が。(この時点で曲名はまだ伏せられていました)
それを聴いた狂光隊、全員不思議そうな表情。「えぇなー、皆頭の上にハテナが出とる感じ、久し振りや」と銀様はご満悦。
曲を聴いてなるほど、汽車の汽笛の音でしたか。
「反応が良ければ、次回もポッポーを付ける」との事。はてさて、「ポッポー」は定着するでしょうか?

曲間演説について。
旭日さんの「…ッ、還せ!俺の食欲の秋!」で撃沈。確かに、今年は秋が短かったような気がします。
それを聴いた銀様「秋秋秋秋秋秋秋って成って欲しいのね?」でさらに爆笑。それでは食べてばっかりですがな。
銀様が演説なさっている後ろで、勝手に影絵を始める楽器隊。
「何をしとるんや~!」と銀様が一喝すると、「演出」と蹴鞠さんが一言。
「今までに一度でもそんな演出あったか?」と銀様に怒られておりました。
まぁ、起こられた後も暫くの間「犬」やら「鳩 対 蟹」など、様々なものが繰り広げられていましたが(笑)

いやぁ、いろいろと盛り沢山で楽しい時間を過ごせました。
次は1月19日新宿ロフト平原の予定。
平日だけどそんな事気にせずに行きますよー!
スポンサーサイト

ピンクバロンのこうでNIGHT其の十八 

自身にとって久しぶりのこうでNIGHTです。いつ以来だろう?
今回の出演者様
① 迷宮乙女
② 激烈スランプ
③ メリーゴーランド
④ 殺人コック
⑤ MONOTONE
⑥ ピンク・バロン

① 迷宮乙女
サンタコスで登場の元気な女の子バンド。どうやらライブの度に衣装を変えている御様子。
ベースの子だけ緑サンタで「コレじゃゼルダの伝説ですね」と言っていたのが個人的にヒット。
うん、たしかに緑サンタはリンクだわ(笑)
リーダーの子が他のメンバーに比べてかなり大人しく見えました。
控えめのリーダー…最近流行ってるのか?(某JニーズのTキオとかAラシのような・笑)
クリスマスが近いという事もあってか、お客さんにプレゼントあり。
イベントのツカミとしては良かったのでは?

② 激烈スランプ
爆風スランプのコピーバンド。兎に角、格好良かったー!!
玉ねぎが聴けなかったのは残念でしたが、是非いつかリベンジして頂きたいです。
「びっくりミルク」と「無理だ!決定版」の入ったCDが欲しくなったよ(笑)
もう一度観たいと思えるライブでした。
そうそう。出番前に、らいだーさんが菅王さんとよしてぃさんに「あのギターの子は演奏もすごいが、面白い事も言うらしい。皆さんお楽しみに!」と、思いっきりハードルを上げられていたのが面白かったです。

③ メリーゴーランド
まるで演劇を観ているかの様な、パフォーマンスが凄いバンドでした。
ギタリストさん、好き放題暴れすぎです。(ほめ言葉)
しっかし、濃いぃキャラだったな…ミトメさんが「洋ちゃんに見えてきた」って言ってからは洋ちゃんにしか見えなくなったけど(笑)

④ 殺人コック
約1年ぶりの調理です。(たしか、昨年11月の名古屋以来?)
畳み掛けるような怒涛の演奏と総料理長の愉快なMCで、笑いっぱなしで腹筋崩壊です。
演奏中におもむろに客席に降り、お客さんの飲み残しのドリンクを片っ端から平らげていったのを観て爆笑してしまいました。
新メニューもあったし、大満足の調理でした。ご馳走様!
あとは…関東地方での調理が実現すれば嬉しいかな、と。是非御一考をお願いします!



⑥ ピンク・バロン
お久しぶりのピンクバロン。
曲中に突然歌うのを止めてらいだーさんに丸投げする菅王さん、それを「さぼるなー!」とやんわりとツッコむらいだーさん。
客席に突然現れた「立派な眉毛の男」(正体は遼はさん)に戸惑う菅王さん。
菅王さんの「今日お集まりいただいた皆さんにぴったりの、この曲をお送りします。『黒い電波が悪いのよ』」というMCに爆笑wwええ、ド変態なのは自覚がありますとも(笑)
そして、強制アンコールで披露される放送コードギリギリ…アウトな楽曲。
今回も終始笑いっぱなしの楽しいステージでした。話題に上がってた東名阪ツアーを是非とも実現してください!

といった感じで、まるで「雪印ホモ牛乳のような(by菅王さん)」濃厚なライブでございました。
あー楽しかった!

BUDOKAN OR DIE!!!!レポ

POLYSICS武道館ライブに行って来ました。
昨年末にPOLYSICS休止とカヨ卒業を知り、思わずチケットを確保。
初めてのライブが武道館とは、なんと言う贅沢か(笑)

座席は2階指定席。ステージの真正面という、素晴らしい席でした。
振り付けが全く解らなくても、凄く楽しかった~!
演奏も、MCも、パフォーマンスも、全てが楽しくて。
この時間がずっと続けば良いのに、と思いました。

ハヤシ「2階席に居るのは本当に人間なんですよね?」
フミ「あれ、CGだから。VEさんと協力して映してるの。幻だから」
なんて言っておりましたが、会場は本当にぎっしりで、これだけ沢山の人達とこの楽しみを共感できた事が本当に嬉しかった。

「POLYSICS OR DIE!!!!」でのヤノのコール&レスポンスも凄かった。
右に左に駆け回り、途中でバテたのかステージ上で寝転がったり座ったり。
曲が終わった後の「大体の夢が叶いました」発言でまた一笑いでした。

「Code 4」で泣きそうになったのは内緒です。好きなんですよ、この曲。
前半戦のシメに持ってきたこの曲、大きな意味が有ったのではないでしょうか。
復活した時に再び聴きたい曲だと、個人的に思っています。

後半戦からは盛り上がる曲で畳み掛けられました。
「Tei!Tei!Tei!」「Rocket」「Speed Up」がお気に入りです。
ノらなきゃ損だと、思いっ切り腕を振り上げてました。おかげで右腕がパンパンです。

アンコールでの「ピーチパイ・オン・ザ・ビーチ」では、会場全体で「ピッピキピッピッピー!」の大合唱!武道館全体が揺れた気がしました。
2度目のアンコールの「NEW WAVE JACKET」の前にハヤシがカヨに「20周年の時に歌いに来てくれ!」って叫んだのが嬉しくて嬉しくて…再び涙目。今から10年後が楽しみです。是非是非、実現して下さい!

3度目のアンコールで、記念撮影後にカヨが挨拶。
「今までありがとう。I LOVE POLYSICS」と、ロボットボイスでの挨拶後、「BLACK OUT FALL OUT」へ。
幻想的なLEDビジョンと、カヨのボーカル。何度俺を泣かせば気が済むんですかー!(笑)

シメは「BUGGIE TECHNICA」で盛大に騒いで終了!
ハヤシ・フミがステージ上を走り回れば、カヨもシンセを移動させながら右へ左へ。みんな全てを出し切る様に、大暴れしていました。
演奏後、ハヤシからカヨに花束を贈呈。会場にお辞儀をして終了でした。
「またすぐに会おうねー!おやすみーー!!!」(by ハヤシ)
こちらこそ、また会いに行きます。その時まで待ってます!

最高にカラッとして、最高にハミ出すライブでした!
42曲・3時間弱のライブでしたが、時間の経過が本当に早く感じられるほどの疾走感と爽快感のあるライブだったと思います。
同時に、少しの寂しさも。帰りたくない、もっと楽しみたいと思ったのは久し振りです。
観ている方もへとへとになりましたが、演じる方はもっと疲れるんだろうな…
汗びっしょりになりながら叫び、暴れ、歌い倒したハヤシは最高に格好良かった!

初めての「トイス!」のコール&レスポンスも、会場全体で腕を振り上げたのも、全てが良い思い出になりました。
今回のライブはDVDになると言う事で、今から楽しみにしています。

POLYSICSの皆さん、スタッフの皆さん、当日会場に居た観客の皆さんに、心からこの言葉を。
「みんな、ありがトイス!!」
またどこかでお会いするのを、心から楽しみにしております。

8/1 ライブレポォト

人生初の花小金井へ。
まずはハコの場所を把握してっと…

駅前から小さな商店街を抜けて(この時点で頭の上にはハテナマークが・笑)、地名を頼りに探していると…
発見。したのはいいけど、本当にココか?と思うほどの場所にありました。
…民家のド真前、見た目小さめ。本当にココで正解か?と疑ってしまいました。
や、正解だったんですけどね。

さて。肝心のライブの感想を。
「遺伝子組換こども会」
幕間の曲にロックマンのBGMがサンプリングされていて驚く。
後々調べたら、カプコン愛、だそうで。なるほど(笑)
ピコピコしてて、楽しい♪寸劇と音楽が両方楽しめてオトクな感じでした。
某世界的に有名なネズミさんからの電話が面白かった。
「白い服に水を掛けるとスケるんだよ!」(あの声で)

「イビルキック」
途中から見ました。が…初めから観れば良かったかもorz
お兄ちゃんはとても明るく、そしてノリの良い方でした。
アドリブに弱くてごめん、お兄ちゃん(笑)声掛けていただけたのは緊張したけど嬉しかったです。

「新沼GENJI」
コレを観に花小金井まで来たんだ!
舞台が近いおかげで、皆様の演奏がしっかりと観られました。
「愛とクリニック」では、全員がサビを唄ってました。
その間に、本さんに絡むホッスィー。
本さんの「誰か!ホッスィーを止めてくれ!」のシャウトに大うけでした。
舞台が狭かったので前宙はチト心配でしたが、しっかりとキメる所が本さんの格好良さ、でしょうか。

一時はどうなる事かと(主に「ハコにたどり着けるか」の心配でしたが)思われたライブも無事終了。
お客さんも演者もほぼ全員がビックリしていたというある意味素晴らしいハコでした。

最高のオトナ達。

夏恒例の関西ライブ、Rock'n Night(昨年は都合により秋でしたが)
今回は惜しまれつつもファイナルと言うことでした。
今までは神戸(苦楽園口・新長田)でしたが、今年は大阪開催です。

自身初の「ソロモン(彩文透)ライブ」でした。
当のご本人は「俺一人だから今回は来てくれないかも…」と弱気になっていたそうです。
ご無沙汰しててすみませんでした、彩文さん。全力土下座m(_ _)m

出来立ての新曲を皮切りにライブ開始!…と思ったら。
進行・歌詞ともにグダグダになり、観客席のMEWさんに「こうだっけ?」と聴きながら演奏して居たのですが…
ソロモン、痛恨の新曲断念(笑)
こういう事が起こるのも、ライブの醍醐味かも。お披露目はまた次回のお楽しみにとっておきましょ♪
楽曲一つ一つに心を込めて歌い上げるスタイルは、ソロモンでも健在でした。
「つつじ」と「WIND FROM KOBE~風は生まれる~」のソロが聴けたのは貴重でした。
ハーモニーとはまた違う、彩文さんの想いがストレートに伝わった気がします。

今年のライブも、素敵で楽しい夜となりました。皆勤できて良かった!
ああいう素敵なオトナ達のようになりたいと思います。…理想ですよ、本当に。
今年で最後と言う事ですが、本当に残念です。夏の風物詩と化したこのライブ、是非ともまた開催して欲しいです。高速道路をかっ飛ばして、どこまでもついて行く所存です。
サカチンさんは以前に前言撤回をした事が有ったよなぁ…なんてね(笑)

皆様、お疲れ様でした!素敵なライブをありがとう☆
いつかまた、あの時会場に居たみんなが笑顔で再会できますように。
「ワントリ」の復活も祈ってます。MEWさん、焦らずにのんびりと歩いてください。みんな応援してますよ♪

心斎橋サンホール・ライブ

こうでNIGHTその12、いよいよスタート。
ミトメさんからは「様々な意味でオモシロイ」と聞いていたので、どんなライブになるのかとワクワクしておりました。

1・「ガンプション」
ボーカルの「酔いどれ」まぁさん、ペットボトル片手に参上。…まさか中身は酒?(笑)
幕間のトークでは「ガンプションガンプはガンプラのガンプ」と紹介されていました。…本当なのか?
あ、演奏は格好良かったです。お笑い要素だけではありませんでしたよ。

2・「LYNX」
二人組みのお姉さん。ピアノの弾き語りスタイルで、全体的にしっとりと落ち着いていました。

3・「メサイア」
パワフルなロックバンドでした。演奏前に機材トラブルが有りましたが、力強いステージでした。
バンド名の由来は「ドラムの口癖、めっさいや(とても嫌、の意)」からとか…?

4・「カラクリ保健室」
今回から3人編成、との事でした。
大暴れする宿直さん、渋カッコイイチャーリーさん、見かけとは裏腹にパワフルなドラムの十桃さん。
…う~ん、素敵!宿直さんがこんなに大暴れしているのは初めての事、だとか。これからもぜひこのスタイルを貫いていただきたいです。
宿直さんが皆さんに愛されている事が良く解るライブでした(笑)

5・「新沼GENJI」
ギグ、再び。4日前と変わらず、皆さん大暴れでした。
今回は最初から最前に陣取って振りを踊りました。
ふと、客席の左で暴れてるノリの良い方が居るなぁと思ったら、その方はなんと宿直さんでした。
それにもちょっとビックリしました(笑)
MCで本さんが「エレカシのようにとんがった感じで行こうと思ってましたが、やっぱりオレンジレンジのようなフレンドリーな感じで良いですか?」と仰ってたのには少し笑ってしまいました。まさか、アノ事件のことがココででてくるとは…
今回も、楽しく素晴らしいステージでした!
幕間のホッスィーさんの暴露話、どこまでが真実だったんだろう?(本さんの家で肌色の露出的な物を家捜しした、というお話)

6・「ピンクバロン」
幕間の各バンドとのトークから、既に面白い(笑)「痴漢電車で、GO!」
曲中に踊るDJ,というスタイルはどこかで見た様な…?ケミカ…ゲフンゲフン。
振り付けがわからなくとも、見よう見まねで踊ってみるのも楽しいですねぇ。
フルアルバムを作成中、と言う事で、次回のこうでNIGHTが今から楽しみです。

トラブル等があった為に常に押し気味の進行でしたが、内容盛り沢山の楽しいライブでした。
また8月に大阪に来るぞー!

ライブ開始!(4/29 シガニズム・ピノキヲ・新沼GENJI・無恥鞭アナゴ)

トップはシガニズム。
「名古屋フォーメーションにならなくて良かった」との名言が飛び出しました(笑)
紙一重で最前のお客さんに頭をナデナデされてご機嫌のシガさん。
後は、心のトビラのシガさんバージョンが聴けたのはレアだったかも。
個人的にはRX-78が聴けたので嬉しかったです。…ガンダムプレイ(笑)

お次はピノキヲ。
ミトメさんから絶対に観た方が良いと言われていたピノ、どんな者かと思っていたら…
噂通り、いや、それ以上のヲタっぷり!(褒め言葉です)
こちらも「何でも銭に変えてやるぜ!」との名言が。
初めてのピノキヲは様々な意味で黒かったです。
…顔は白いですが。さすが道産子!(あ、あれ塗ってるんですか?・笑)

続いて、新沼GENJI。
今回初めて拝見する新沼GENJIギグ。凄く楽しかったです!
愛とクリニックの振り、見よう見まねでしたがちゃんと踊りましたよ!
こんなに楽しいならもっと早くから見に来てれば良かったと思うほどです。
8月に休止するのが本当に惜しまれます。
「natural」の音源化、今から楽しみです。
シングルカットと言わず、是非とも今まで製作した楽曲を全てCDにして頂きたいですね。
予定外のアンコール「キングバナナ」を終えて出番終了。
…何かを忘れている様な気が?

トリは無恥鞭アナゴ。
パーマンのエンディング→ディスクシステムの起動音とともにメンバーが登場。どんなライブが始まるのかと思っていたら…なんじゃコリャ?
歌っている、と言うよりもむしろ暴れている、と言う表現の方がしっくり来る。
「色んな意味でスッゴイ」と言うミトメさんの言葉通りの内容でした。
「FAMILY-MART」・「ぺったらぺたらこ」・「午後はカプチーノ」・「愛川欽也キンキンキン」
…タイトルだけじゃどんな曲なのかさっぱりわからん。タイトルがコレで正解なのかさえも不確定。(笑)
白塗りしたホッスィーさんが出てきたり、すっぴんになった本さんが突然ライブの告知に出てきたり(しかも、事あるごとにトランクさんに妨害を受けると言うコントのような展開)、グダグダぐっちゃぐっちゃのままライブ終了。
終了と同時に滑らかに物販ブースに移動するメンバー。こんなの初めて見ました。

色々な意味でフリーダム。素敵なライブでございました。

狂暴、復活

とは言うものの、俺自身は初の戦闘参加です。
「じょんじょろりん大放送」でお話は聴いていますが。

仕事を終えて、定時に目黒に向かう予定でしたが、突然の会議が入り計画は早々に頓挫orz
会議中は全く生きた心地がしませんでした。

さておき。予定より大幅に遅れて目黒に到着したのは19時15分。
狂暴の出番が始まっていない事を祈りつつ、足早に会場へ。
…どうやらまだ出番は終わっていないようで一安心。

到着から約5分後に戦闘開始!
目の前の入口から大元帥が登場して驚く。まさかそこから登場するとは…

振り付けは全く解りませんでしたが、観客の皆さんの動向を見つつ真似をして腕を上げてました。
熱い演奏も、グダグダな掛け合いも、話に聞いていた通り(むしろ、それ以上か)面白いものでした。
蹴鞠さん「では、次の曲に…」
銀さん「お前が仕切るなー!!!100年早いわ!!!」とかね(笑)

1年以上振りの戦闘と言う事で、銀さん本人も相当楽しんでいらっしゃっているようでした。
「國民の理想」と「愛国者」が聴けて良かったです。
個人的には、「天誅」や「譽」も聴きたかったな、とも思いましたが、それはまた次回へのお楽しみと言う事にしておきましょうか。
今回だけに留まらず、今年はどんどん戦闘を行って欲しいです。関東に来るのは大変かもしれませんが(笑)
次回もまたお目にかかれることを楽しみにして待ってます。

初めての白塗り

太平洋ベルトの初ワンマンライブ、いよいよ開始。
と同時に、自身初の白塗りライブ体験でした(笑)

30分経過で2曲演奏…って、ペースがおかしくないか?吉川さんは早くもバテているし。
ミトメさんに聞いた所、「グダグダなのはいつもの事」だとか。じゃあこれで良いのか(笑)
展開はグダグダでも、演奏は格好良かったです!

ツージーは若い所為か大暴れ(観客への強制ウェーブ要請・後転しながらギター演奏)
本さんも負けじとブレイクダンス&演奏中に回転・ジャンプ(途中でよろけたのはご愛嬌・笑)
何故か会場中にアメを配るけまりさん。ミトメさんの言うとおり、何を言っているのかまとまっていないようでした(笑)演奏中はあんなに格好良いのに、なぜしゃべるとアララ…になってしまうのか。
バテながらも歌いきった兄貴。(アンプ&会場費をローン組まずに払ったとか。太っ腹!)

うーん、堪能させていただきました!噂に違わぬ面白さでした。
会社の休みを取って名古屋に来た甲斐が有りました。
またいつか、ワンマンライブで大暴れする姿を観たいな、と思いましたとさ。
…関東でもワンマンやってみませんか?アニキ。
(もしやるとしたら、お客さんが埋まるか心配、かな)

音に包まれ幸せ気分~5/31ライブレポォト~

今回のライブは青山。個人的な青山のイメージといえば、
お洒落・落ち着いている・ジュテームモナムール・某声優プロダクション…
ごめん、無理した。つまり、俺には縁遠い街です。
を?簡単に言ったら10文字以内に収まった(笑)

さておき。今回の出演は「One-Trick Pony」・「泰山に遊ぶ」・「真黒毛ぼっくす」の3組。

トップはワントリ。今回はパーカッションの松島玉三郎さんが共演で、賑やかで楽しいライブでした♪
月のスクリーンを背に演奏する「月光飛行~moonlight flight~」は、まさに「月見ル君想フ」でした。
「光ヶ丘スーパーマーケット」、今までと曲の感じがちょっと変わってました。只今マイナーチェンジ中?
個人的には今回のバージョンも良かったな、と思います。
あ、MEW様が眼鏡かけてて、音楽の先生みたいでした。ダメ出しを喰らったそうですが…

2番目は「泰山に遊ぶ」の皆さん。曲の感じは「中国の楽団」って感じ。
パワフルで情緒たっぷり、そして人員が多い!皆さんがおそろいの泰山の絵の入った衣装を着ていました。(一人だけ万里の長城でしたが・笑)
楽曲の雰囲気や力強さもさることながら、個人的に一番気になったのは左端で踊りまくる方。
サイトを調べた所、「Dance&Beat」担当の成瀬さんだそうで…
電気GROOVEのピエール瀧(担当パート:TAKI)を思い出しました。
あと、メンバー紹介の時にディレイが掛かりすぎていた為、鍾乳洞でライブをやっているみたいになっていたのがちょっと面白かったです。
皆さんにそれぞれ個性があって、演奏中何処を見ていいのか解らなくなると言う贅沢な悩みも起こりました。

ラストは「真黒毛ぼっくす」の皆さん。
今回のゲストは宮武希さんと松永孝義さん(元ミュートビート)でした。
今回で2回目なのですが、見るたびにメンバーが変わっているのは珍しいです。
それでいて、大人数にもかかわらずしっかりとまとまっているのは凄いの一言。
普段は物静かそうな大槻さんが、舞台の上では派手に動き、力強く歌う…そのギャップも楽しかったです。
動きを見ていて「誰かに似ている…?」と思っていたのですが、あの派手に動きながら、マイクにしがみ付く様に力を込めて歌う姿は甲本ヒロトを彷彿とさせる様な気が。
と思って真黒毛ぼっくすさんのサイトを見たら、過去に「BLUE HEARTS」と対バンでライブをした、と書いてあってこれまたオドロキ!意外な所で繋がりってあるもんですね。
こちらも大所帯で、見所満載な為、何処を見ても楽しめるライブでした。
皆さん全員の演奏が凄いから、視点をコロコロと変えて楽しませて頂きました。

ラストは出演者全員でセッション。…ステージの床の状態を心配したのは俺だけじゃ無い筈(笑)
最初から最後まで大盛り上がりの、素敵なライブでした。
青山まで出向いて良かったと、心から思いました。
そして、俺も何か楽器を始めたいという熱が。歌って踊れて芝居も出来る営業マンを目指すか?(笑)
三味線とか。(また通好みな物を…)

次回は7月の神戸ライブ!の予定でしたが、諸般の事情で延期に。
詳細決定まで、ゆっくり待つ事にしますか。
できれば10月の連休でお願いします!9月は(順調に行けば)本番前でてんてこ舞いだろうし…

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。